上野和夫の資格試験対策塾でらくらく合格

医療・介護・福祉の資格試験合格に「上野和夫の資格試験対策塾」

FrontPage

はじめに

画像の説明

私、上野和夫は、「上野和夫の資格試験対策塾」をネット上で公開しています。
専門学校をはじめいろいろな資格の取得にかかわる講座を担当してきました。講師の経験から基礎知識がない学生にたくさん問題を解いてもらい、解説しても点数が伸びないことに気づきました。基礎力をつける学習を先に行ってから過去問題を解いてもらうと9割以上の点数を取ってくれることを経験してきました。基礎力が大切です。

画像の説明

基礎力をつけるために学生におこなってもらった学習は、3回繰り返し同じ単元を学習してもらう方法です。少し大変そうですが、短く区切って3回繰り返す、短期間に3回繰り返し同じものを覚えてもらうことを行います。頭が柔らかいのでしょう、すぐに大切な内容を記憶してくれました。

私自身、薬剤師、社会福祉士、介護支援専門員の資格を取得していますが、試験合格までの学習はさほど大変だとは思わなかったです。多くの方が経験されているとおり、高校受験から始まる受験勉強はあまり嫌いな方ではなかったです。いい先生に導かれたので要領よい学習が身についたためだと思います。

要領のいい勉強方法は、どのような勉強方法?

3回短期暗記法です。教え子たちに勧めた学習方法です。
3回繰り返すのは大変だと思うかもしれませんが、簡単な方法があります。私がやったのは授業で大切な箇所はここだよと言われた部分を、自分でテープレコーダー(今ならメモリーチップ)に吹き込んで、繰り返し耳から聞くことを行いました。目が疲れると学習効率が落ちます。目から覚えるのは思った以上に効率が悪いです。耳からだと疲れることはありません。経験あると思いますが、歌を歌詞を見て覚えませんよね、耳で3回ほど聴くと覚えてしまいます。これと同じです。耳と脳の記憶野は直接つながっているかもと思うぐらいです。ラジオの深夜放送世代の私には耳から学習は苦にならない学習方法で、受験勉強には最適でした。

画像の説明

私のお勧め学習法

現在私が主催している「上野和夫の資格試験対策塾」は、
1.耳から学習
2.3回繰り返し学習
を実践していただくために、ネット環境を利用して提供しているのです。昔みたいにテープレコーダーに録音しなくても、ユーチューブが利用出来る環境があれば誰でも「らくらく学習」「聞くだけ学習」が可能です。スマホをほとんどの方が持っています。家にはパソコンがあります。どこでも私の講座を利用できます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional